三井生協 熊本被災支援 ボランティア活動報告

 熊本県生協連・コープ被災地支援センターの開設に伴い、熊本の被災者の方々の生活支援の呼び掛けが日本生協連からのあり、三井生協から共同購入部の大西 智弘君(20歳)を益城町ボランティア支援として、619日(日)〜23日(木)の期間で派遣を行いました。

前日から移動し、COOPとやま、コープネット、生協しまねから派遣された方々と、益城町ボランティア支援センターで、ボランティア受付、ボランティアに必要な資材提供、トラックの燃料補給などの支援活動を行いました。派遣の感想としては、地震から2か月経過しているものの、復興にはまだまだ時間がかかると感じました。また、ボランティアセンターの運営を体験し、チームワークの大切さを学びました。今後、自分の職場でもこの経験を生かしたいと思います。

2016年07月20日